医療関係者こすけのブログ

医療関係者のこすけが医療と介護の最新情報をお届けします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

フレイル ~高齢者の虚弱症状~

こんにちは、こすけです。

 

本日は、フレイルについてのお話です。

 

目次

 

 

本日のテーマ

本日は、フレイルと呼ばれている高齢者の虚弱症状についてお話していこうと思います。

 

フレイル

フレイルとは、加齢によって筋力などが低下し、心身共に弱ってきてしまった状態のことを言います。

英語の「frailty:虚弱、もろさ、弱さ」をもとに作られた言葉です。

 

フレイルの問題点

フレイルは放っておくと要介護になってしまうことがある、いわば要介護の一歩手前の状態です。

例えば、

  1. 加齢により足やあごの筋力の低下
  2. 今までできたことができないことによる落ち込み(フレイル)
  3. 外出を控えるようになる
  4. 活動量が減る
  5. さらに筋力が低下する
  6. さらに活動量が低下
  7. 身体を動かすことができなくなり要介護へ

このように、一度フレイルになると悪循環が続いてしまうことが多くなります

特に、1人で生活をしている高齢者の方は、負の循環から抜け出すことが難しいとされています。

 

フレイル検診制度

2025年問題を目前に控え、高齢者が増え続けている日本では、確実にフレイルの人も増加しています。

そこで、厚生労働省は2020年度にフレイル検診の導入を決めました。

フレイル検診の目的は、フレイルの人の把握と改善へ向けた介入です。

 

フレイルは放っておくと要介護になってしまうことが多いですが、生活習慣を改善すれば、健康な状態を取り戻すことができます

一人でも多くの人を要介護状態にしないように早期発見と対策を試みるのがフレイル検診です。

 

フレイル問診票

以下の設問は、厚生労働省後期高齢者の質問票の解説と留意事項」より転載しております。詳細はこちら をご確認ください。

問診票の内容

  1. あなたの現在の健康状態はいかがですか
  2. 毎日の生活に満足していますか
  3. 1日3食きちんと食べていますか
  4. 半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか
  5. お茶や汁物等でむせることがありますか
  6. 6か月間で2~3kg以上の体重減少がありましたか
  7. 以前に比べて歩く速度が遅くなったと思いますか
  8. この1年間に転んだことはありますか
  9. ウォーキング等の運動を週1回以上していますか
  10. 周りの人から「いつも同じことを聞く」などの物忘れがあると言われていますか
  11. 今日が何月何日かわからない時がありますか
  12. あなたはたばこを吸いますか
  13. 週に1回以上は外出していますか
  14. ふだんから家族や友人との付き合いはありますか
  15. 体調が悪いときに、身近に相談できる人はいますか

回答選択肢

  • 1は5択(①よい ②まあよい ③ふつう ④あまりよくない ⑤よくない)
  • 2は4択(①満足 ②やや満足 ③やや不満 ④不満)
  • 12は3択(①吸っている ②吸っていない ③やめた)
  • その他の設問はすべて2択(①はい ②いいえ)

 

まとめ

フレイルは、過ごし方によって要介護になってしまうことも健康に戻れることもあります。

重症化して要介護に近づいてしまう前に、早期に発見し対策していくことが大事です。

できないところを指摘するのではなく、苦手なことを知ってもらって行動に移していけるように促すのがフレイル検診の目的なので、身近に高齢者がいる方は問診票を参考にしていただければと思います。

 

本日のお話はここまでとさせていただきます。

質問やご意見などお待ちしております。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。