医療関係者こすけのブログ

医療関係者のこすけが医療と介護の最新情報をお届けします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

環境整備2 ~環境用消毒薬の種類~

こんにちは、こすけです。

本日は、環境整備用の消毒薬についてのお話をいたします。

 

目次

 

本日のテーマ

本日のテーマは環境整備用の消毒薬についてです。

前回の記事の続きになりますので、前回の記事を先にお読みいただけると嬉しいです。

www.medical-kosuke.com

 

環境整備に消毒薬を用いる理由

環境整備において消毒薬を用いる理由は、より確実に微生物からの影響をなくすためです。

清掃だけでは取り除けない微生物を消毒することで、害をなくします。

 

有効濃度

有効濃度とは、消毒薬の効果が最大限保障される濃度の範囲のことです。

有効濃度の範囲外では、効果が弱くなるもしくは、無くなります。

そのため、消毒薬は濃度が高ければ高いほど効果が強いわけではなく、適切な濃度で使用することが重要です。

 

環境整備に用いられる消毒薬の種類

医療機関でも一般的に環境整備に用いられている、かつご家庭でも使用しやすい代表的な2種類の消毒薬をまとめています。

アルコール系消毒薬

消毒に使われるアルコールはエタノールとイソプロパノールの2種類がありますが、日本ではエタノールのほうが一般的に使われています。

 

エタノールの有効濃度は76.9~81.4%、イソプロパノールは50~70%です。

アルコール類は数多くの細菌、真菌、ウイルスに効果を示し、速乾性があるため非常に使いやすい消毒薬です。

アルコール類は使用する場所の素材によっては劣化や腐食を引き起こす可能性があるので目立たない場所で試してからの使用をお勧めいたします。

 

ドラッグストアなどで販売しているウェットティッシュ系の商品には濃度の表記がなかったり、有効濃度の範囲外だったりする商品もありますので、注意が必要です(不良品や詐欺という意味ではなく、効果はありますが、正確な効果が保障されていないということです)。

 

次亜塩素酸系消毒薬

アルコール類より消毒効果の対象となる微生物の種類が多いのが強みです。

アルコールが効きにくいとされているノロウイルスにも効果が期待できるため、使用されることも多いです。

 

有効濃度はノロウイルスまで考慮すると0.1%程度ですが、日常的には0.02~0.05%でよいとされています。

市販されている次亜塩素酸系の商品は1~10%程度のものが多く、使うためには希釈する必要があります。

 

注意点は、薬液自体が不安定なため、濃度を長時間保つことができないことや、希釈して使用することが前提のため、濃度のばらつきが出てしまう可能性があるということです。

また、アルコール類よりさらに劣化や腐食を引き起こす力が強いため、注意が必要です。

 

 

まとめ

以下に本日のお話を箇条書きでまとめました。

アルコール系消毒薬

メリット
  • 微生物に対して幅広く効果がある
  • 速乾性がある
デメリット
  • 劣化や腐食を引き起こす可能性がある
  • 速乾性があるため既製品でも濃度低下が起きやすい

 

次亜塩素酸系消毒薬

メリット
  • アルコール類より広い微生物に効果がある(特にノロウイルス
  • アルコール類に比べて安価
デメリット
  • 速乾性がない
  • 薬液が不安定のため濃度担保が難しい
  • アルコール類より劣化や腐食を引き起こす力が強い

 

 

本日のお話はここまでとさせていただきます。

 

ご意見やご質問などお待ちしております。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。